身体づくりは自己満トレより自重トレーニングからはじめよう

トレーニングはしんどいものですから「自己満足」は大切です。

ただ、きちんと身体作りをしたいのであれば、いつまでも自己満トレだけやっていても、なかなか効果は感じられないかもしれません。

 

今回は自己満、自己流、そして

「ゆるゆる・らくらく」もガマンして
「自重トレーニング」をいくつかやってみましょう。

 

自重トレーニングとは

自重トレーニングとは、自分の体重を負荷にするトレーニングのことです。

いつでもどこでもなにも用意しなくてもできるのが、自重トレーニングの手軽なところです。

限られたスペースでもできますし、グループレッスンも可能です。

 

 

ランジ

スクワットと同じくらい、当ジムで取り入れているのがランジです。

大きく踏み出すことで、太もも前だけでなく太もも裏やおしり、内もも、腸腰筋のトレーニングとして効果的です。

 

左右の足を交互に踏み出す「オルタネイトランジ」

足を踏み変えず、同じ側に負荷をかける「ワンレッグランジ」

どちらも、股関節を前後に大きく開くのがポイントです。

 

身体を上に持ち上げることより、しっかり沈める方にアクセントをつけながら上下します。

猫背にならないように、そして目線は前です。

 

 

スクワット(オーバーヘッドスクワット)

ずっと同じことをしていると身体は慣れてきますから、バリエーションを増やしていきましょう。

例えば、自重のスクワットなら腕をあげるだけで、うんとキツくなり、肩まわりや腰背部にもよく効くトレーニングとなります。

 

スクワットのフォームについてはこちらへ ↓↓↓

スクワットで冬太りを早めにリセット

 

 

ブルガリアンスクワット

台などに足をかけて片足で行うスクワットです。

慣れるまではキツイかもしれません。

片足なのでバランスも大切だし、太ももの前・裏・内側、おしり。そして股関節まわりのストレッチにもなります。

足首の硬い方はこの姿勢だけでもたいへんです。

 

ブルガリアンスクワットについては、こちら↓↓↓

ブルガリアンスクワットで下半身のラインを変えよう

 

 

自重トレーニングで大切なのは、
正しいフォームを身体にたたきこむことです。

はじめのうちはわからなくても、神経の回路が開通するかのように、だんだんと使っている筋肉を意識できるようになってきます。

 

身体が機能的に動き、可動域が広がることで 正しく負荷がかかります。

 

 

背中はチューブトレーニング

 

運動不足解消、運動習慣をつけるなどが目的なら、ハードルの低い自重トレーニングからスタートがオススメです。

そこからチューブやダンベルなどをプラスしていくことで次の段階となりますね。

 

自己流トレーニングでは、なかなか効果が期待できないのが背中です。
そして、自重では負荷がかけられないのも背中です。

でも背中の筋肉は面積が大きく、また、年齢が正直にでやすいので、背中のトレーニングはサボれないですよ~

 

デッドリフト

デッドリフトについてはこちらもどうぞ ↓↓↓

背中のトレーニングに効果的なデッドリフトのおさえておきたいポイントと注意点

 

 

ベントオーバーローイング

ベントオーバーローイングについてはこちらもどうぞ ↓↓↓

かっこいい背中をつくるベントオーバーローイングで気をつけること

チューブひとつでトレーニングがレベルアップしますね。

 

 

身体が適切に動くようになるまでは自重トレーニングです。

負荷をどこで捉えているか。
重心はどこか。
自分の身体を自分でコントロールできるようになります。

ゆるゆるらくらく…では
やはり身体は変わりません。

つらい、きつい。
そこまでやってみて現れる効果があります。

 

ジムの雰囲気がキライ
他人の目線も気になる・・・

いろんな理由があると思いますが

最終的に負荷を増やさなくてはいけません。

そうなったときには、パーソナルトレーニングがオススメです!

 

身体づくりは自己満トレより自重トレーニングからはじめよう” への2件のフィードバック

コメントを残す