そのアイスクリームはアイスクリームじゃないかもしれない

肌に痛さを感じるほど暑い大阪の夏、いったいいつまで続くの?って思っていましたが、お盆を過ぎ、暑さのピークがほんの少し落ち着いてでもまだまだ暑い今日この頃

夏のはじまりに書くべきネタかもですが今回はアイスクリームについて。

 

アイスクリームだいすき。

冬に食べるアイスもすき。

つまり年中おいしいアイスクリーム。

あっさり派?こってり派?

私はコンビニのソフトクリーム系が好きです

 

さて、なんとなくジャケ買いしてませんか?アイスクリーム。

 

アイスクリームには種類がある

って、知っていますか?

リッチな感じとかフレーバーいろいろ。ではなくて。

 

ひとくちにアイスといっても、実は種類があります。

 

アイスクリーム

乳固形分15%以上うち乳脂肪分8%以上

 

アイスミルク

乳固形分10%以上うち乳脂肪分3%以上

 

ラクトアイス

乳固形分3%以上乳脂肪分の明記は不要。

 

氷菓

乳成分が使われていないものは氷菓となっています。

 

この4つがアイスクリームの種類別になります。

 

 

アイスクリームと名乗れるのは

乳脂肪分8%以上

裏をみてみると原材料名のいちばん最初は生乳。

コクのあるしっかり甘いものが多く、お値段もすこしお高め。

 

手軽に手に取っているアイスはラクトアイスです。

裏を見てみると、植物性脂肪分と書かれています。

植物性脂肪というのは、植物性油脂に乳化剤などを加えて、クリームに似せて滑らかに加工した製品のことです。


植物性油脂とはコーン油、綿実油、大豆油、ヤシ油などの植物油と呼ばれているもの。

「ホイップ」「フレッシュ」と呼ばれるものですね。

つまり植物性油脂で「乳製品っぽい味」になっているというわけですね。

 

同じ製品でもフレーバーがちがうと表記もちがっていたりします。

 

 

乳固形分とは水分を除いたもので、

その中の脂肪分が乳脂肪分となります。

バターやクリームになる成分です。

 

乳固形分から乳脂肪分を抜いたものが

無脂乳固形分で、たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなどの栄養です。

 

一般的な牛乳だと

乳固形分3.5%以上

無脂乳固形分8.3%以上

これがおいしいバランスのようです。

 

 

話をアイスにもどすと

アイスクリームやアイスミルクには乳脂肪分が入っていて

ラクトアイスにはほとんど入っていない、というちがいですね。

 

なんとなく食べているけど・・・

そもそも、アイスをちょいちょい食べる習慣があるうちはダイエットは進まないけど、

不要な油をこつこつと身体に残しているとしたら

 

あなたがよく食べるアイス。

わりと濃厚なイメージのあるアレ

実は植物性油脂で濃厚でリッチな味になっているのかも。

 

まるで、バター風味のマーガリンみたいなものかな。

 

ミルク風味やこってりリッチなバニラでもラクトアイスが多いので、一度は商品の裏をちらっと見てみることをおすすめします。

 

食べてはダメ!ではなく、自分の食べるものはなにでできているのかな?と興味をもってみるとおもしろいです。

 

手っ取り早く痩せたい。

とにかく痩せたい。

その気持ちはよくわかるけど、

 

まずは、いまの自分の身体はいままで自分が選んで食べてきたものでこつこつと作られているということは忘れないで。

 

食べるものに困らない今の時代だからこそ、わかって食べることが大事。

「〇〇のようなもの」がとても多くて、よく見る習慣ができるとおもしろいです。

 

なんとなく食べてるものを見直して、

なんとなく食べてたから食べる、のではなく、

今日から自分が選んで食べるもので、未来の自分の身体が作られていくこんな風に思ってみるのはいかがですか?

 

 

 

コメントを残す