あなたのストレングスは?〜よいトレーナーとの出会い

トレーニングの世界では「ストレングス(strength)」とは筋力のことをいいます。

ストレングス・トレーニングは、ざっくり言えば「筋力トレーニング」のことです。

 

ストレングス・トレーニング(筋トレ)をすることで、筋肉量が増え、基礎代謝量が上がって太りにくい身体になります。

加齢に伴う体力や筋力の低下の予防や、健康に生活するための身体作りにもストレングス・トレーニングは不可欠です。

 

それはいつも書いていることなので、今回はすこしちがう「ストレングス」の話です。

筋トレについてはこちらをどうぞ ↓↓

最近よく聞くフリーウェイトトレーニングとは

 

 

 

ストレングスとは

ストレングス(Strength)とは、英語で「強さ・力」の意味です。

そして、福祉の世界では「強み」という意味を持ちます。

ストレングス・モデルという使い方がよく用いられます。
それは、その人が元来もっている「強さ・力」に着目して、それを引き出し活用してアプローチしていくケース・マネジメントの理論です。

 

ストレングスは文字通り、本人のもつ「強み」です。
または「強くする事ができる要因」なんかもいいですね。

 

では、トレーニングの環境にあてはめてみましょう。

 

 

本人のストレングス

ストレングスには、本人の「できる事」「好きな事」や「意欲」「抱負」なども入ります。

 

・はっきりした目標がある
・動くのがすき
・柔軟性がある
・努力家
・根気がある
・くよくよしない
・とりあえずやってみる
・好奇心が旺盛
・気持ちの切り替えが上手…etc

キリがないですね。

・自分のために自由に使えるお金がある。

こんなのもありです。

 

2016-09-07_22h20_02

私のストレングス:細かい作業がすき。

 

環境のストレングス

本人がもつストレングス以外に、環境にもストレングスがあります。

例えば、
・ジムが会社や自宅から近いから通いやすい。
・家族やまわりの人がジム通いやダイエットに理解があり協力的。etc ですね。

 

 環境のストレングスとして、もっとも大切なのがトレーナー

 

例えば、

・自分の意向をくんでくれるトレーナーである。

・自分に合うトレーナーである。

ただ仲良しになるだけではありません。

 

・知識や経験が豊富なトレーナーである。

・いろんな提案をしてくれるトレーナーである。

 

できないことばかりに注目するトレーナーだと、トレーニングはツラくて苦しいものになりますね。

(アスリートなら必要なのかもしれないけど)

 

私のクライアントの場合だと、週に1回か2回の60分のセッションで、できないことばっかりに時間を費やすようなものです。
それでは結果はでませんね。

 

自分のもっているチカラ(得意なことetc)を引き出してくれるトレーナーであること。

 

ストレングスとは長所や可能性のことを指します。

 

どんなトレーナーと出会うか、それがあなたのトレーニング環境の最大のストレングスとなります。

そして、結果をだす。継続する。

それもまた、あなたのあらたなストレングスとなりますね。

 

2016-09-07_22h21_12

私のストレングス:手先の器用な友達がいる。(マグネットです)

 

 

あなたのストレングスを考えてみてください

 

ストレングスには「あたりまえ」なことはありません。
あなたにとっては「あたりまえ」のようでも、他者から見れば「すごいこと」や「うらやましいこと」だったりします。

思い当たることがありますね?

 

 

2016-09-07_22h18_57

私のストレングス:ココロがすっきり元気になる場所がある(住吉大社)

 

 

パーソナルトレーニングの中心はトレーナーではなく、クライアントです。
その認識のあるトレーナーをぜひみつけましょう。

 

 

 

 

コメントを残す