大きく動く股関節で気持ちよく走ろう【自重トレーニング】

軸ブレの少ない、身体のどこにも力みのない、安定したフォームで気持ちよく走るには、やはり筋トレは必要です。

でも、重いウェイトをガンガン扱う必要はありません。

 

身体全体、大きく使いましょう。

 

日常生活で小さく硬く凝り固まった身体は、いつも同じところに負担がかかっているかもしれません。

それを、身体全体に分散するように大きく動いてみましょう。

 

股関節を動かす代表的な筋肉3つ

大腰筋はお腹の奥にあるインナーマッスルです。

大腰筋は背骨(腰椎)の横から大腿骨(太もも)の内側についています。

 

大腿直筋は太もも前の筋肉です。

脚を上げる(もも上げ)の動作で働きます。

 

大臀筋はおしりの筋肉です。

脚を後ろに蹴り上げる動作の時に働きます。

 

つまり、

脚を上げる→股関節の屈曲→大腿直筋

脚を下ろして後ろに蹴る→股関節の伸展→大臀筋

大腰筋は股関節の屈曲に働きますが、脚を後ろに引く時にも力を力を発揮します。

曲げるとき、伸ばすとき、真逆の力を発揮して背骨を支えています。

骨盤の安定にも関与します(骨盤の前傾、後傾)

 

 

動作のポイント

・おなか、背中で背骨をはさむように腹筋に力を入れておきます。

 

・膝は、つま先を天井から吊られるような感じで引き上げます。

太ももの前ばかりに力が入っていませんか?

 

 

・膝を引き上げたとき、身体が後ろに仰け反らないように姿勢よく直立しておきます。

 

・次に、引き上げた脚を後ろに大きく伸ばします。その動きと同時に手で床をタッチします。

股関節が大きく動かないと床に手は届きません(猫背になるのはアウト)

 

 

・姿勢を保持しバランスをとりながらこの動作をくりかえします。

 

股関節を大きく動かし、体幹も鍛えます。

上半身と下半身の連動性も高めます。

 

見かけによらず、なかなか難易度の高い動きです。

 

 ⇓シングルレッグ・デッドリフトが安定してきたらトライしてみてください。

ヒップアップや猫背の改善にシングルレッグデッドリフトがオススメ

 

 

 

コメントを残す