パーソナルトレーニングはこんな人におすすめ

ホームページのリニューアルにともない、これからはこちらからトレーニングやランニング、ダイエットについて、お役に立てる情報を発信していきますので、チェックしてみてください。
 
さて、大手ジムの大々的なCMのおかげで「パーソナルトレーニング」というコトバが多くの方に浸透してきました。
 
自分も始めてみようかな、でも…と決めかねている方に、まずは
 
 「パーソナルトレーニングはこんな人におすすめ」です。
 
 

1.とにかく痩せたい

 
痩せてきれいになりたい。私だってそうです。
どうにかいまの生活を変えずに、するするっと体重が減っていくカンタンな方法はないものか…
 
そんな誰にでもある心理をつく「たったこれだけ」とか「これを食べるだけ」そんな新しい情報に振り回されて、次々試してみるもののまったく変わらないし続かない。
 
そんな方こそ、パーソナルトレーナーと二人三脚で、あなたに合ったトレーニングメニューや食生活にトライしてみましょう。
ド短期ダイエットでとりあえず体重を減らすのではなく、太りにくい、痩せやすいカラダに変えていきます。
 

2.ダイエットがつづかない

 
痩せたいからとにかく食べない、とか、痩せたいからガムシャラに運動する、という思考では長続きしません。
 
また、メディアで毎日のように紹介されているダイエット法や「痩せる」とされる食材などはどれも良いものなのかもしれませんが、生活習慣や思考をまったく変えないまま、それらを次々と追加していって、やることや食べなくちゃいけないものが増えるばかり…
 
そもそもダイエットは短期的なものではなく、ずっとつづけられるものでなくてはいけません。
入手が面倒な食材をずっと買い続けることはできますか?
 
 2016-03-04_11h56_34
 

3.何度ダイエットしてもリバウンドしてしまう

 
厳しい食事制限でいくらがんばって体重を落としても、もとの生活に戻った途端リバウンドします。
それはもともとの生活が「太る生活」だから。その生活によってできたカラダだからなのです。
 
家でくつろいているときはどんなふうに過ごしていますか?お休みの日はなにをして過ごしていますか?
 
なにげなくやっていること、無意識であればあるほどそれが「習慣」です。
私たちを悩ませるカラダは、私たちのなにげない長年の習慣でできています。
 
昨日今日の食べ過ぎを嘆いてヤケクソになるのではなく、無意識の習慣を冷静に振り返ってみて修正していくことが大切です。
 
生活習慣や思考を変えていくことで、外食がつづいて一時的に体重が増加しても調整できるし、運動習慣が身について活動的になりリバウンドの悩みから解放されます。
 
 

4.筋肉をつけて引き締まった身体になりたい

 
「筋トレ」と聞くと女性は「ムキムキになりたくない」と、とても抵抗があるようです。
そんなにカンタンにムキムキになれるなら、ボディビルダーはハードなトレーニングを毎日する必要はないはずで…そもそもそんなに短期間で筋肉はつきません。
 
厳しい食事制限で体重を落とすことはできますが、それは同時に筋肉も痩せていきます。
 
衰えた筋肉を取り戻すのが筋トレです。
筋肉は一般的に25歳をピークに衰えていくので意識的に筋トレをする必要があります。
 
二の腕がたるんでくるのは皮膚が余っているから。内部の組織や筋肉を使うことで張りがでてきます。
 
女性らしくしなやかで機能的なカラダ作りのための筋トレはボディメイクに欠かせません。
 
トレーニングは週1回では筋量維持か健康維持にとどまってしまうので、週2、3回が理想。皮下脂肪は簡単に落ちないのでまずは3ヶ月の継続が目安です。
 
 スクワット
 

5.痩せにくくなってきた

 
私自身も痛感しています。
30歳の時に結果がでたダイエット法、40歳の時に結果がでたダイエット法…またあのときと同じようにがんばればいいわ、と思っていませんか?
 
同じ方法を試してもカラダは当時と同じように反応してくれませんし、「あのしんどいことをまたしなくちゃいけないのか…」そんな潜在的な意識も生まれます
 
そしていちばんに、加齢にともない筋肉は衰え脂肪はつきやすくなり、どんどん痩せにくくなっていくのは自然の摂理…まずは現状を維持することが大切なんです。なにもしないでいると毎年1%ずつ筋肉量は落ちていきます
 
女性は皮下脂肪がつきやすく、生活習慣病にはなりにくいとされます。が、閉経後は男性と同じように内臓脂肪がつきやすくなります。
皮下脂肪がついたまま内臓脂肪もついてきたら…考えたらおそろしいですね。いまのうちに皮下脂肪は減らしておきましょう
 
 
 

6.運動経験がない、運動は苦手

 
トレーニングを始めようと思ってもなにからはじめたらいいかわからない。
ぜひパーソナルトレーニングをはじめてほしいのが、このタイプです。
 
ほとんど運動をしたことがない人が、急に激しい運動を見よう見まねで始めるのは、ケガのリスクが高まります。
 
また、やみくもにフィットネスジムや公営のトレーニング施設でマシントレーニングしても、どこに効いているのかまったくわからない。
狙ったターゲットに効かせることができなければ、効果を感じることもできず、モチベーションを継続するのは難しいでしょう。
 
また、カラダの使い方が不器用な方は実際おられます。それは使ったことがないだけ。
同じ動作を何度も何度も繰り返し、こまかな修正を加えていくことで、本来もつ機能的な動きをカラダに覚えこませていきます。
 
おひとりおひとりの体力やカラダの使い方のクセ、その日の体調などにも合わせて、その都度メニューを考えていくのがパーソナルトレーナーの仕事です。
 
 
ラットプル 
 

7.疲れやすい、姿勢が悪い

 
これはどちらも筋力不足からくるものです。年々、筋肉の絶対量が減り姿勢を支えられなくなってきているのです。骨格を支えるのは筋肉です。
 
また、長時間同じ姿勢で固まったカラダは血流がわるくなりコリや痛みの原因となり、ますます動きたくなくなってしまう…疲れは蓄積される一方です。
 
運動を継続することでカラダの中では細胞レベルで変化が起きてきます。
代謝がよくなる、血流がよくなる、免疫力が上がる、自律神経の活動を促し、エネルギーが作られカラダは活発に活動しはじめます。
 
泥のように寝ても、いくら休養をとってもすっきりしない、だるい、眠い、やる気が起きない…
そんな慢性的な疲れを感じている方こそ、おひとりおひとりのカラダや生活スタイルに合ったパーソナルトレーニングがおすすめです。
 
 
 
 

8.マッサージなどを受けてもなかなか効果が出ない

 
肩こりや腰痛から解放されたい一心でマッサージに通い一時的にはラクになるものの、またすぐに同じ状態になってしまう… 一生それを繰り返すしかない、と思っていませんか?
 
コリや慢性的に起こる痛みの根本的な改善策をみつけましょう。
筋力不足からくる姿勢の悪さ、あるいは関節をうまく使えていないなどの動作が原因なのかもしれません。
 
筋トレを生活習慣に取り入れることで根本的な原因の改善、そして予防にもなります。
マッサージなどは、ほぐしてもらう、ゆるめてもらうなどのリラクゼーション効果や、故障しないためのメンテナンスとして活用しましょう。
 
 
ベンチプレス 

9.ウェイトトレーニングのテクニック(スキル)をあげたい

 
我流のトレーニングで伸び悩んでいる、そんな実感はありませんか?
フォームがよくわからないままウェイトをどんどん重くしていませんか?
 
がむしゃらにトレーニングに励んでも正しく使われていない筋肉は勝手に反応してくれません。
ウェイトを重くしていく前にまずは基本の正しいフォーム・柔軟性が必要です。
 
ターゲットの筋肉に効かせる感覚がつかめないままだと「ただ重さに耐えるだけ」になります。
 
また、自己流でまちがえた方法でトレーニングし続けることで膝や腰を傷めたり、常にケガのリスクがあったり、せっかくのトレーニングなのにプラスの効果を得ることができません。正しいフォームを身につければケガをしにくく、トレーニング効果も高まります。
 
パーソナルトレーニングジム Plantsは女性専用ジムではありませんので男性会員もいらっしゃいます。
 
 
 

10.他人の目が気になる、他人の目線で不快な思いをしたことがある

 
私にも経験があります。
 
あるジムで、ひとりでトレーニングをしていたらスタッフに「そんなにがんばって何めざしてるんですか?」って声をかけられたときはイヤな思いをしました。
おばちゃんたちの井戸端会議に参加してなかったからかな…
 
せっかく捻出した貴重な時間です。そんな足の引っ張り合いに巻き込まれることなく、器具の順番待ちをすることもなく、誰にも会わず、トレーニングに集中できる方法は完全予約制のパーソナルトレーニングです。
 
 
 plants
 
 
ダイエットの目的は、ただ体重を落とすことだけではなく「健康なカラダ」になることです。
 
効率のよいトレーニングで脂肪燃焼、筋肉を増やして代謝アップ、そして自律神経を活性化し、いつまでも若々しくあなたらしく…
 
あなたに合ったトレーニングや食事管理…そしてモチベーションを保つ上でもパーソナルトレーナーの存在は不可欠ですね。いつかやろう、ではいつまでたっても始められません。
 

 

コメントを残す