ほんとの本音はやってみたいと思いませんか?なりたい体とパワーラック

早速ですが、パワーラックって聞いたことありますか?

この四角い枠。これがパワーラックで、私のジムの室内の様子です。

ゴリゴリの筋トレのイメージかな。

では「筋トレ」ってどんなイメージですか?

 

最近はYouTubeを見ながら、とか

オンラインレッスンでエクササイズに目覚めた方も多いのでは?

今までまったく運動してなかった人や運動不足だった人なら自重トレーニングでも充分にいろんなプラスの効果があります。

 

では質問に戻って「筋トレ」のイメージは?

・ムキムキになりそう

・なんか怖い

・わざわざしんどいことするとか変態(笑)

・独特の人たちの世界

こんな感じでしょうか。

 

筋トレにハマってる、とか

ガチなジムに行ってる、とか

 

もしかしたら

自分のキャラに

もっというと

自分の体型に似合ってないから

なんかちょっと

 

なんて心理はないですか?

 

当ジムのメンバーさん数名に聞いたことがあるんです。

みなさんアラフォー、アラフィフ

ごくごく普通の彼女たちの回答はほぼ同じです。

 

「こういうの、私にやれるならやってみたいと思ってた!」

そうなんです。

筋トレ?しんどい。きらい。といいつつ、内心

こんな自分にはムリ、きっと」

そんな思い込みや決めつけがあるのでは?

インスタとかみると華やかですもんね。

 

ある意味、独特な人たち。

こういうのは、特別なすごいジム行ってるような、あんな感じの人しかできないでしょ?

と、初めから自分には縁がないと思ってる。

 

でももし、やったことない自分にもできるならやってみたい、と思いませんか?ほんとに思わない?

 

軌道が固定されているマシンのトレーニングとちがい、バーベルやダンベルなどフリーウェイトのトレーニングの利点はたくさんありますが、

まず大切なのはフォームです。

 

見よう見まねのフォームでは重さを支えて正しく動くことはできませんが

だからこそのパーソナルトレーニングです。

 

重さをどこで受け止めるか

とこで踏ん張る?

どこで支える?

軽い負荷からスタートし、だんだんと負荷が上がることで筋肉は強化されます。

 

宅トレとの違いは

「◯◯しながら」ではぜったいできません。

重さと動作に集中します。

だから、どのメニューも体幹強化にもなるのです。

 

ちなみに、よっぽどのトレーニングスキルがなければ女性がムキムキになるのは不可能です。

 

宅トレで体力を衰えさせないこと

運動不足の解消

そして。

12回のちょっとしんどいフリーウェイトトレーニングで

あなたが本当になりたい体に近づくことができます。

 

筋トレは何歳からでも手遅れじゃないってところもステキでしょ。

ぜひ本気で!チャレンジしてみてください。

あなたの本気、私がしっかりお手伝い致します。

 

 

コメントを残す